緊張型頭痛 Tension headache

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛とは、頭のまわりを締め付けられるような鈍い痛みが続くことを言います。

人それぞれ感じる痛みの強さや長さはそれぞれですが、30分~7日間続きます。

年齢や性別を問わず発症する可能性のある頭痛のひとつです。

原因

緊張型頭痛の発生は、身体的なものから精神的なものまでが関係していると言われており、ストレスを感じやすい人や、デスクワークの多い女性などに多く見られます。

緊張型頭痛の原因は、大きく2つに分類されます。

身体的なストレスが原因の場合

デスクワーク中心のお仕事に就いている人に多く見られます。

悪い姿勢で長時間パソコンを使用することにより、頭から肩の筋肉が緊張状態になり、血行不良を招いて疲労物質が蓄積されてしまいます。

そのせいで神経が刺激され、痛みを引き起こしてしまいます。

特に首筋の筋肉が弱かったり、筋肉量が少ない場合に頭の重みを支えきれず緊張型頭痛を発症してしまうケースが多くあります。

精神的なストレスが原因の場合

精神的に緊張した状態が長く続いた場合などに症状が見られます。

脳の痛みを調節するところの機能が鈍くなり、頭痛に繋がっていると考えられます。

例えば、仕事などでの人間関係についての不安や不満がストレスになり、筋肉にも影響を及ぼしているとも言われています。

主に精神的なストレスが原因で緊張型頭痛を引き起こす場合は、生真面目な人であったり几帳面な人に多く見られます。

 

症状

緊張型頭痛の症状には個人差があり、長時間痛みが続く場合とそうでない場合があります。

主な症状は下記です。

痛みがだらだら長続きする

きっかけはなく、突然痛みが襲ってきて、後頭部から首にかけてジワジワと痛みが走ります。

具体的には、圧迫されて締め付けられるような感覚が長時間続きます。

また、首や肩の凝りに繋がることも多くあります。

肩こりや目の疲れを感じる

目・肩・首のまわりの筋肉の緊張状態が続くことにより、肩こりや目の疲れのような症状が起こり得るのです。

肩こり・目の疲れによって体全体にだるさを感じたり、めまいが起こったりする場合もあります。

 

予防法

緊張型頭痛とは主に、筋肉の緊張によるものですので、筋肉の凝りをほぐすことが緊張型頭痛の改善に最適だと言えるでしょう。

デスクワークの人はこまめにストレッチをし、同じ姿勢を長時間続けないことが大切です。

 

対処法

姿勢の改善

毎日の姿勢や、デスクワークでの座り方を意識して改善していきましょう。

少し意識するだけで痛みの軽減が期待できるでしょう。

ストレスの軽減

仕事やプライベートでストレスを溜め込まないように、自分に合ったストレス解消法を探すなど工夫してみましょう。

血行改善

筋肉の凝りは、血行不良からくることが多いので積極的に運動に取り組んだり、お風呂に浸かったりして血行を良くしましょう。

薬を使う

どうしてもツライときや、大切な用があるときなどは、痛みを抑える成分の入った市販の薬を服用してください。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.