不眠症 Insomnia

不眠症とは

不眠症とは下記内容の状態のことを示します。

・寝つきが悪い
・眠りを維持することができない
・朝早く目が覚めてしまう
・眠りが浅く十分な睡眠がとれない

睡眠の不足が原因で、注意力の散漫や疲れがとれないなど、さまざまな体調不良につながります。

 

原因

不眠症になる原因はさまざまあり、対処法も違います。睡眠には年齢差、個人差、性別、季節などの要因が深く関わっています。

 心理的要因

悩みやイライラ、緊張や不安からくる精神的ストレス、失恋や人間関係のストレスにより眠りが妨げられます。

薬理学的要因

ニコチン、アルコール、カフェイン、薬などの副作用で眠れなくなります。

身体的要因

痛みや痒み、アレルギー、咳、喘息など身体に何らかの不具合により眠りが浅くなります。

精神医学的要因

うつ病などの精神障害により、興奮状態が続いたり幻覚や妄想を抱いたりします。すると、眠れない状態が続きます。

生理学的要因

睡眠時間が不規則だと、体内時計が狂ってしまい眠れない状態が続きます。

 

症状

実際に日本人で不眠症に困っている人は、5人に1人の確率だと言われています。

男性より女性に多く、20代から30代に始まり、年齢が上がるごとに増加しています。特に40代を超えると急激に増加します。

不眠症の症状は大きく4種類にわけられます。

また、最近では不眠症は大きく2種類にわけられて呼ばれることもあります。

(入眠障害型・睡眠維持障害型または中途覚醒プラス早朝覚醒)

(1) 入眠障害

寝つきが悪い

(2) 中途覚醒

眠っても何度も途中で起きてしまう

(3) 早朝覚醒

早朝に目が覚めてしまう

(4) 熟眠障害

眠ってもしっかりとした睡眠をとった感覚が得られない

 

治療

不眠症の治療には、薬物療法と非薬物療法があります。

薬物療法

患者様の症状に合わせた薬を処方します。一般的に処方される睡眠薬は、3種類にわけられます。

・脳の過剰な覚醒状態を抑えて眠りに導く薬
・睡眠・覚醒のリズムを整えて眠りに導く薬
・脳の活動を鎮めて眠りに導く薬

担当医師の指示に従い、正しく服用することにより不眠症が解消し、快適な日常生活を送ることができます。不眠に1人で悩まず、まず医師に相談することが大切です。

非薬物療法

・光による治療(高照度光療法)

専門の医療機関などで実施されている治療です。高照度光を一定時間照射することにより、不規則な睡眠によって狂った体内時計を矯正します。寝る時間が不規則な不眠症患者さんの治療に行います。

・医師による睡眠衛生教育

良い睡眠が得られる環境を整えるために、医師が睡眠衛生指導を行います。不眠の原因が寝酒や喫煙などの薬理学的要因の患者さんに行います。

・医師による認知行動療法

認知行動療法は各個人の睡眠に対する誤った習慣や考え方を医師によるアドバイスを受け修正していく治療です。

 

- 個人的にできる対策 -

・ 起床時間と睡眠時間を一定にする

・太陽の光をあびる

・適度な運動をする

・ストレスを溜めないよう自分の趣味をもつ

・快適な寝床環境をつくる

・寝る前のアルコールは控える

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.