高血圧 Hypertension

高血圧とは

高血圧とは、血管に過度の圧力がかかっている状態をいいます。

高血圧になると血管に常に負担がかかり、血管の内壁が傷ついてしまったり、柔軟性がなくなって固くなったりして、動脈硬化を起こしやすくなります。

 

原因

高血圧の原因は、まだ明確に判明しておらず、高血圧の方の90 %以上が原因不明と言われています。
生活習慣と遺伝的な体質が深く関係しています。

高血圧は、原因により2つに分類されます。

(1) 一次性高血圧

一次性高血圧は別名「本態性高血圧」とも呼ばれます。

明確な異常がないのに血圧が高くなります。血圧を上げる要因として食塩の撮り過ぎ、加齢による血管の老化、ストレス、過労、運動不足、肥満、遺伝的要因などがあります。

(2) 二次性高血圧

二次性高血圧は病気が原因で血圧があがります。一般的に腎臓病やホルモン異常などがあげられ、原因となる病気が治ると、高血圧も改善していきます。


高血圧の危険要因

・ 塩分の摂り過ぎ

・ 肥満

・ 老化

・ 運動不足

・ ストレス

・ 遺伝的要因

 

症状

日本人の3人に1人が診断される高血圧。

しかし、高血圧は自覚症状がほとんどなく、自身の高血圧に気が付かない人も少なくないと言われています。

自覚症状が少ない高血圧ですが、下記のような症状を感じる場合は注意が必要です。

- 高血圧の方にみられる症状 -

・ 頭痛や耳鳴り

・肩こり

・しびれやむくみ

・めまい

・胸の痛みや動悸

・呼吸困難

上記症状が現れている場合、症状としてはかなり進行している場合があります。一番恐ろしいのは、高血圧が引き起こす合併症です。気になる症状が現れたらすぐに医師に相談しましょう。

 

高血圧を放置してしまうと

そのまま高血圧を長い間放置してしまうと、脳や心臓や肝臓などの血管を少しずつ傷付けてしまい、また別の恐ろしい病気を招いてしまします。病例としては脳卒中、心臓発作、肝不全があげられます。

まず高血圧を改善する為に生活習慣を見直し、血圧のコントロールをすることが大切です。

 

高血圧と診断される基準値

医療機関血圧:140 / 90mmHg以上

家庭血圧:135 / 85mmHg以上

 

治療

高血圧の治療は、その方のリスクの程度に応じて、医師とよく相談し段階的に治療を行います。

薬物療法

薬物療法では、血圧を下げる薬を処方します。

血圧を下げる薬は多種類あり、高血圧以外の病気の有無を確認しつつ、その方にあったお薬を服用していただきます。

非薬物療法

非薬物療法では基本的に生活習慣の改善を意識して行います。この生活習慣を改善する事により高血圧だけではなく、糖尿病や脂質異常症などの合併症予防にも繋がります。

高血圧は喫煙や睡眠不足、必要以上に食べ過ぎ飲み過ぎなどの要因が深く関わります。

生活習慣の改善内容

(1) 食生活

高脂肪や高コレステロール食品を控えて、減塩を意識しましょう。成人男性の一日必要塩分量は10g未満ですが、6g程度が推奨されます。栄養バランスの良い食習慣を心がけましょう。

また、水分補給も大切です。一日に2リットル目安に水分をとり、カリウムを含む食品を摂ることにより、体内の塩分を排出しやすくなります。

(2) 適度な運動

適度な運動をすることにより血圧の減少が研究で確認されています。簡単に始めやすいウォーキングを1日30分程度行いましょう。また、運動が苦手な方は身体に負担をかけにくい水中運動などを利用した有酸素運動がおすすめです。

(3) 十分な睡眠

睡眠不足は高血圧に深く関係しています。睡眠不足は夜間の血圧を上げるだけではなく、早朝の血圧も上げてしまいます。しっかり十分な睡眠をとることで、身体を休め、ストレスを溜めにくくなります。

(4) 飲酒と喫煙

高血圧の方は減酒と禁煙を心がけましょう。お酒に含まれるアルコールは摂取しすぎると血圧を上げてしまいます。アルコールの適量は、およそ日本酒1合、ビール中瓶1本、焼酎半合弱です。

喫煙は、動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳卒中の原因になります。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.