B型肝炎予防接種 Hepatitis

B型肝炎予防接種とは

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(HBV)が肝臓に感染して炎症が起きる病気です。肝炎が慢性化すると、肝硬変、さらには肝がんへと進行する可能性があります。ワクチンを接種することで、B型肝炎と将来の肝がんの予防を期待できると言われています。

原因

現在、B型肝炎ウイルス(HBV)感染者は140万人ほどだと言われています。HBVを含む血液や体液が体の中に入ることによって、B型肝炎を発症します。

母子感染

HBV感染者の多くは、母子感染です。特に、母子感染防止策がとられる以前の母子感染によるものです。出産のときに産道で血液を介して赤ちゃんに感染します。現在では、母子感染防止策がとられており、母子感染はほとんど起きていません。

保育園などの施設での感染

保育園などでHBVに感染している子どもと接している際に、噛みつき、尿、唾液、涙などから感染することがあります。WHOは、生まれたらすぐにB型肝炎の予防接種をするように指示しています。

性交渉による感染

近年増加しているのが性交渉による感染です。HBVに感染したパートナーと性交渉をする際に感染します。自分自身の感染を知らずに、気が付かないうちに感染を拡大させてしまう危険性があります。このような感染拡大を防ぐために、他の性感染症にも予防効果があるコンドームの使用が大切です。

医療現場での感染(医療を受ける側)

輸血や予防接種時の注射器の使い回しなどによる感染です。現在は輸血に使用される血液は全てHBV検査が行われ、また使い捨ての注射針が主流になってきたことから、これらによる感染はほとんどなくなりました。

医療現場での感染(医療を提供する側)

針刺し事故などで医療従事者が感染することがあります。HBVに感染していることを医療機関に告げず、医療従事者が知らない間に感染することがあるため、HBVに感染している場合は必ず報告しましょう。

B型肝炎予防接種について

保育園での感染や性交渉など、知らないうちにHBVに感染するリスクがあります。これらの感染を防ぐ唯一の予防策は、B型肝炎ワクチン(HBワクチン)の接種です。 HBワクチンの接種は、世界180カ国以上で行われており、安全性の高いワクチンと言われています。

4ヶ月〜6ヶ月の間に3回ワクチン接種を受けた後、免疫ができているか確認をします。ワクチンの有効期間は、約15年〜20年と言われており、年齢とともにその効果は落ちていきます。

HBワクチンの接種を勧める方

・HBVに感染している母親から産まれた赤ちゃん

・針刺し事故などのリスクがある医療従事者

・外傷を負うリスクがある建設工事関係者

・人工透析を受ける方

・HBV感染者が多い地域(中国、東南アジア、南アフリカ諸国など)に渡航する方

日常生活におけるB型肝炎の予防について

B型肝炎の予防のために、日常生活で以下のことに気をつけましょう。

・カミソリや歯ブラシなど血液・体液が付着する可能性があるものを共有しない

・他の人の血液に触る時は、手袋をつける

・よくしらない相手との性交渉を避ける

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.