緊張型

頭痛 Headache

頭痛とは

頭痛とは頭部に感じる痛みの中で表面痛でないものを指します。一口に頭痛と言っても、痛みの強さや症状はさまざまです。

原因

頭痛にはさまざまな原因と種類があります。頭痛にお悩みの方は、まず頭痛の種類と原因を知ることから始め、適切な対処をすることが大切です。基本的に頭痛は一次性頭痛、二次性頭痛と大きく2種類に分けられます。

(1) 一次性頭痛

一次性頭痛とは

頭痛の9割はこの一次性頭痛であり、他の病気を伴わない頭痛です。一次性頭痛は、片頭痛、緊張型頭痛(または緊張性頭痛)、群発頭痛に分けられます。

・ 片頭痛

片頭痛は、頭の中の血管が拡張することで周囲の神経を圧迫し、神経ペプチドが放出さることで、頭部に痛みがでます。

・ 緊張型頭痛

緊張型頭痛は、長時間のデスクワークや車の運転など不自然な姿勢が続くことによって生じる身体的なストレスや、仕事や家庭などの心配ごとや不安による精神的なストレスが原因で生じます。

・ 群発頭痛

群発頭痛は、眼球の後ろにある血管が拡張して炎症を起こすことで痛みを生じます。血管が拡張すると自律神経を刺激してしまい、涙や充血などの症状も併発させます。

(2) 二次性頭痛

二次性頭痛とは

二次性頭痛とは、なんらかの病気が原因で起こる頭痛のことをいいます。この頭痛は放っておくと命に関わる危険性もあるため、手遅れになる前に必ず精密検査を受け、早期発見・早期対処をお勧めします。代表的な病気としては、くも膜下出血や脳出血、脳腫瘍、髄膜炎などがあげられます。

・ くも膜下出血

くも膜下出血とは、脳を覆う3枚の膜のうち、真ん中の「くも膜」の下で出血する病気のことです。例外もありますが、ほとんどの場合が脳の動脈にできた動脈瘤が破裂することによって起こります。一度出血すると突然激しい頭痛が起こり、吐き気や嘔吐を伴います。痛みの表現を「後頭部を思い切りバットで殴られたような痛み」と言う患者さんもいますが、軽い症状の方もいます。

一旦発症してしまうと、約1/3の方は社会復帰可能なレベルまで回復、約1/3の方は重い後遺症が残る、約1/3の方が亡くなってしまいます。

・脳出血

脳出血とは、脳に栄養を送っている血管が破れ、脳の中で出血してしまう状態です。脳出血の原因はさまざまありますが、主に高血圧、食生活の乱れ、過剰な飲酒、低コレストロール、血液をサラサラにする服薬などがあげられます。脳出血は発症してしまうと命を落とす可能性が高い恐ろしい病気です。

・脳腫瘍

脳腫瘍とは、脳と頭蓋骨の中にできる腫瘍のことをいいます。この腫瘍は悪性から良性のものと種類がさまざまあり、脳神経組織自体から発生する原発性脳腫瘍と、他の臓器のがんが脳へ転移してきた転移性脳腫瘍に分けられます。

・髄膜炎(ずいまくえん)

髄膜炎とは、髄膜に炎症が生じた状態のことをいいます。炎症の原因としては、細菌やウィルスや真菌(カビ)などの感染によって生じます。症状としては熱や頭痛、吐き気など、最初は風邪に似た症状がでることがあり、ほとんどの方が気がつかないことも少なくありません。そして、急速に悪化することが多く、たった数日で意識がなくなることもあります。

 

症状

日本人の多くの方が悩んでいる頭痛。一口に頭痛といっても、風邪が原因で起こる頭痛から慢性的な頭痛までさまざまあります。

片頭痛

片頭痛は、ズキンズキンと脈打つような辛い痛みを生じます。痛みを感じる箇所には個人差があり、片側から両側、全頭とさまざまです。症状として頭部の痛み以外にも吐き気を伴ったり、通常は何も感じなくても気温や匂い、光や音に敏感になります。片頭痛は遺伝性が高く、とくに女性の方に多くみられます。

緊張性頭痛

緊張性頭痛は、後頭部を中心にギューッと締め付けられる鈍い痛みが生じます。症状として頭部の痛み以外にも肩や首のこりを感じたり、めまい、全身だるさなど感じます。年齢や性別に関係なく発症します。

群発頭痛

群発頭痛は、頭痛の中でも一番激しい痛みを生じます。あまりの痛みに耐えられず自殺したくなるということから別名「自殺頭痛」とも呼ばれます。痛みの箇所は目の奥や周りから側頭部まで広がり、ズキズキと突き刺すような激しい痛みが続きます。

 

治療

頭痛の治療はまず何が原因で発症しているのかを知り、原因に応じた対策をとることが大切です。

- 精神的な要因 -

・ 精神的なストレス

・疲労

・ホルモンバランスの乱れや変化

・睡眠異常

- 環境要因 -

・ 天候や気圧や温度の変化

・カフェイン

・光や騒音

・匂い

- 食事や嗜好品 -

・ 飲酒と喫煙

・カフェイン

・経口避妊薬などの薬

・柑橘系

・ナッツやチョコレート

 

薬物療法

頭痛の服用薬には、頭痛が起きた時に使う薬と頭痛が起きないように予防する薬の2種類があります。薬の種類はさまざまあるため、医師の判断のもとその方にあった薬を処方します。

規則正しい生活指導

一般的に健康的と言われるような生活習慣は、頭痛の改善にもとても良いです。過剰なアルコール摂取や喫煙を控え、適度な運動を取り込んだ生活を送ることが大切です。また、ストレスを溜め込まないよう、自分にあったリラックス法を見つけることも良いでしょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.