花粉症 Hayfever

花粉症とは

花粉症とは、さまざまな植物の花粉が原因となり、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状が起こる病気のことを言います。
別名で「季節性アレルギー性鼻炎」とも呼ばれています。

原因

花粉症は、なんらかの植物の花粉が原因で起こります。
その花粉が体内に入ってきたときに、体が異物だと判断し外に排除しようとする免疫反応によるもので、くしゃみ・鼻水などの症状が見られます。
原因はさまざまで、それぞれの花粉の種類により発症する季節が異なります。花粉症の症状が見られる人は、何の花粉に反応して症状が出たのかを突き止めることが改善の第一歩となります。

季節ごとの花粉の種類

春の花粉

スギ花粉

飛び始める時期は、2~4月。
飛散量がとても多く、日本で最もポピュラーな花粉の一種です。北海道・沖縄を除き全国で発症が見られ、くしゃみ・鼻水だけでなく、目や喉のかゆみも起こります。

ヒノキ花粉

飛び始める時期は、3~5月。
スギ花粉と同じく、かなり広範囲での飛散が特徴です。
スギ花粉の症状が見られる人は、ヒノキ花粉にもかかることが多いです。
主な症状はくしゃみ、鼻水、目や喉のかゆみです。

夏の花粉

イネ花粉

飛び始める時期は、5~9月。
イネ花粉は、細かく分類することができます。
イネ科の植物は種類がたくさん存在し、それぞれの種類で花粉が飛ぶ時期が異なるため、長い期間花粉が飛散しています。
症状が悪化するのは、田植えの5月と稲刈りの9月だと言われています。
症状は、咳・くしゃみ・鼻水などです。

秋の季節

ブタクサ花粉
飛び始める時期は、8~10月。
スギ花粉、ヒノキ花粉の次に多い花粉症と言われています。
他の花粉と違い、飛散距離がとても短いためブタクサに近づかなければ花粉症を避けることが可能です。
喘息の原因に繋がる場合もあります。

冬の花粉

スギ花粉

治療

花粉症の症状を軽減させるための方法は、2つあります。
セルフケアと、医師による治療に分けられます。

セルフケア

最近では、花粉対策グッズなどもたくさん販売されているので自分にあったグッズで花粉症の症状を軽減させることができます。
一般的には、マスクやメガネなどがあげられます。他にも、首からぶら下げるだけで花粉をブロックできるものや、花粉ガードのスプレーなどさまざまなグッズがあります。
また、外出を避ける、花粉の飛ぶ時期は洗濯物を部屋干しにするなど症状を改善する工夫をしましょう。

医師による治療

舌下免疫療法

舌下免疫療法とは、舌に少量の花粉エキスをつけることにより、免疫力を高める治療法です。
体を花粉に慣らし、過剰な免疫反応を起こさないために行います。

手術療法

手術療法とは、鼻の粘膜の一部をレーザーで焼く治療法です。
花粉症は、粘膜に花粉が付着することにより起こるアレルギー症状なので、そのアレルギーの起こる場所を除去することにより症状の改善が期待できます。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.