胃カメラ Gastroscope

胃カメラ検査とは

胃カメラ検査は、食道・胃・十二指腸の診断および治療のために行います。一般的に胃カメラ検査は苦しいイメージがありますが、当院は消化器内視鏡学会専門医が担当しており、苦しくない検査が行えます。胃カメラは鼻から挿入するものと、口から挿入するものを選ぶことが可能です。

胃カメラ検査の特徴

検査時は麻酔を用いるため、苦しさを感じることなく検査を受けられます。麻酔の量は、年齢や体格に合わせて調整します。胃カメラを口から挿入する経口内視鏡検査と、鼻から挿入する経鼻内視鏡検査があります。

経口内視鏡検査

メリット

・画質がいい

・カメラが太いため、検査時間が短く済む

デメリット

・嘔吐反射がでやすい

経鼻内視鏡検査

メリット

・嘔吐反射がでにくい

デメリット

・カメラが細いため、検査時間が長くなる

・画質が経口内視鏡検査より劣る

胃カメラ検査とバリウム検査の違い

胃の検査には、胃カメラ検査とバリウム検査があります。胃カメラ検査とバリウム検査は全く情報量が異なるため、「毎年バリウム検査を受けているから大丈夫」と思っていても、胃カメラ検査をすると病変が見つかることがあります。

バリウム検査は、バリウムを飲み、胃の内側の粘膜にバリウムを付着させて胃の写真を撮ります。粘膜の凹凸や、胃のどのあたりに病変があるかをある程度知ることができます。しかし、それが何の病気なのかをはっきり知ることができません。

胃カメラ検査では、直接胃の粘膜を観察するため、粘膜の凹凸に加えて、粘膜の色調の変化や模様、毛細血管の異常などを踏まえ、総合的に診断を行うことが可能です。

下記に当てはまる方は医師に相談しましょう。

・食後に胃が痛む。食事をするとすぐにおなかいっぱいになる。おなかが張る。

・みぞおちがきりきり痛む。胸焼けがある。口の中が苦い。ゲップが多い。

・食事に関係なくずっと胃が痛い。黒っぽい便がでる。貧血症状がある。吐血したことがある。

・ピロリ菌が気になる方

・以前ピロリ菌を除去したことがある方

・胃がん家系の方

・20代から30代で、一度も胃カメラ検査を受けたことがない方

検査の流れ

1. 事前検査

全身状態の把握や感染症の有無を調べるために、採血、尿検査、心電図の検査をします。

2. 検査前日

・検査前日の夕食は軽めにし、午後8時までに済ませます。

・午後8時以降の飲食(飲水以外)は禁止です。

・早めに就寝をします。

3. 検査当日(自宅での注意事項)

・飲食(飲水以外)は禁止です。

・原則、内服薬も禁止です。降圧剤などは事前に医師と相談しましょう。

・体をしめつける服装は避けましょう。(ガードル、腹巻きなど)

4. 検査当日(処置室での準備)

① 経口内視鏡

 ・白い液体の薬(ガスコン)を飲みます。

 

・のどに麻酔薬をしばらく溜めた後、ゆっくりと飲み干します。

 ・検査台の上で横になります。

 ・マウスピースをくわえ、口から内視鏡を挿入します。

② 経鼻内視鏡

 ・白い液体の薬(ガスコン)を飲みます。

 ・鼻の通過を良くする点鼻薬を服薬します。

 ・鼻の中を麻酔し、痛みを感じにくくします。

 ・検査台の上で横になります。

 ・鼻から内視鏡を挿入します。

5. 検査後

・休憩室(病院が指定した場所など)で少し休みましょう。

・気分が悪い場合は、すぐに医師に伝えましょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.