胃炎 Gastritis

胃炎とは

胃炎は、胃が刺しこむようにキリキリ痛んだり、おなかが張ったような痛みの症状や長期的な痛みが続くなど、症状はさまざまです。常に不安を抱えている人や、胃炎の症状が出やすいという人が年々増加しており、胃炎に悩む人は多くいます。

原因

急性胃炎の原因

急性胃炎になる原因には、暴飲暴食やアルコール、刺激物、カフェインの過剰摂取があげられます。また、アスピリンや抗生物質などの薬の副作用で胃炎が生じることもあります。

急性胃炎は普段の日常生活のなかで発生しやすく、非常にささいなことも原因となり得ることがあります。また、アレルギーやインフルエンザなどの病気がきっかけで発生するケースもあります。

慢性胃炎の原因

慢性胃炎になる原因は、アルコールの過剰摂取や喫煙、胃の老化などさまざまです。その中で一番多いのが、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染によるものです。ヘリコバクター・ピロリ菌は一般的にピロリ菌と呼ばれていて、このピロリ菌感染を放置してしまうと恐ろしい合併症を伴う可能性があります。

- ピロリ菌から考えられる恐ろしい合併症 -

・胃潰瘍

・胃がん

 

 

症状

胃炎の代表的な症状は、急な胃の痛みやムカつき、吐き気などです。特に多いのが、空腹時や夜になった時に感じるシクシクした痛みです。その他にも、ひどい胸焼けや食欲不振、胃もたれ、吐血や下血などを引き起こす場合もあります。

 

胃炎の種類は大きく2つに分けることができます。

急性胃炎の症状

急性胃炎とは、日々の生活の中で発生しやすく、何度も繰り返して発症すると、慢性胃炎になる可能性があります。

急性胃炎の代表的な症状は、胃痛、胃の不快感、胸焼けであり、症状がひどい場合は吐血やおう吐してしまう場合もあります。これは、慢性胃炎の症状と非常に良く似ています。

慢性胃炎の症状

慢性胃炎は、慢性的に胃の粘膜に炎症が起きている状態のことをいいます。急性胃炎を何度も繰り返していると慢性胃炎になりやすいです。

慢性胃炎は常に胃に不快感を感じたり、食欲不信、胸焼け、胃もたれなどの症状が頻繁に発生し、満腹時や空腹時に胃痛を感じやすい傾向があります。自覚症状がなく、病院での検査を受けない人も多いです。

 

胃炎の対処法

胃炎の辛い症状を抑える為には、規則正しい生活や食生活を心がけ、安静にすることが大切です。一時的な胃炎の症状を抑えるために、ドラックストアなどの胃酸を抑える市販薬を使うこともできますが、胃炎にとどまらず恐ろしい病気に繋がっている可能性もあるため、医療機関に相談することをおすすめします。

 

治療

胃炎の治療として大切なことは、まず原因を取り除くことが一番重要と考えられます。過労やストレスを回避し、生活習慣の見直しが大切です。

病院では検診結果により、医師の判断で胃酸の分泌を抑える制酸剤、胃の粘膜を保護する胃粘膜保護剤、痛みを抑える鎮痙剤などが処方されることもあります。

胃炎の症状がひどい場合には内視鏡での止血や止血剤の投与を、吐き気と嘔吐で食事が摂れない場合は点滴による栄養補給などを行います。さらにひどい症状の方は入院治療が必要になるケースもあります。

胃炎の検査方法

病院で行う胃炎の検査は、まずは問診や触診による診察が行われます。そして、さらに細かく症状を知るため、バリウム検査や内視鏡による検査を行います。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.