発熱 Gastritis

発熱とは

発熱とは、普段の体温より高い状態のことを指します。一般的には、平熱は36.5~37.0度と言われています。
風邪を引いたときや、インフルエンザにかかったときなどに発熱の症状が見られます。

原因

発熱の原因は風邪を引いたときだけ見られる症状ではありません。ウイルスや細菌感染などより発熱する場合もあります。

人間が平均の体温をコントロールできているのは、体温調節中枢というところが働いているためです。
その体温調節中枢がうまく機能しなくなり、発熱します。その原因はさまざまあげられます。

ストレスからくる場合

極度の緊張状態が続いたり、仕事や家庭内での疲れからストレスに直結し「ストレス性の発熱」を生じます。
37.0度を少し超えるくらいの熱が続くのが特徴です。

免疫力が活発になる場合

なんらかのウイルスや細菌が体内に入り込むことにより、免疫力が活発に働き体温が高くなります。体温を上げることにより、入り込んだウイルスや細菌を殺すことができます。
風邪を引いたときに、熱が上がっていたらウイルスや細菌を退治している証拠だと思いましょう。

症状

発熱の症状は、一般的には体温の上昇により高熱・微熱と判断します。
熱が高いか低いかだけで判断するの難しいので体調がおかしいなと感じた場合は、早めに病院へ行くことをおすすめします。
“熱”と一言で言っても発熱の原因はさまざまなであり、いろいろな熱型が存在します。

熱型の種類

けいりゅう熱

この熱の特徴は、38.5度以上の発熱が見られ、熱の反動があまり見られません。熱の変動は、1日1度以内でおさまります。
原因とされるのは、急性肺炎・日本脳炎などがあげられます。

しちょう熱

しちょう熱とは、37.0度以上の発熱が見られ熱の反動は1日1度以上なのが特徴です。
平熱までは下がらず、最低体温が37.0度以上ある場合を指します。
原因は、敗血症・ウイルス感染症などがあげられます。

かんけつ熱

かんけつ熱とは、1日の熱の変動が1度以上あり最低体温は正常値に戻ることが特徴です。
この症状がだいたい2日おきくらいの間隔で続きます。

波状熱

波状熱とは、午後から夕方に熱が出て40.0度近くまで上がり、夜になると熱が下がることが特徴です。
別名「ブルセラ症」とも呼ばれています。
細菌の感染により、発熱し5日~3週間で発症すると言われています。

治療

風邪やインフルエンザなどの疑いがある場合は、すぐに医者にかかることが1番です。病院へ行き医師の正しい診断により、処方された薬の用法用量をきちんと守り使用してください。

注意点

発熱は、体の免疫反応により体内に入り込んだ発熱の原因菌を排除しようとして起こります。
熱の出始めは、体がゾクゾク震えだし、体温が上がって暑くもなりますが、薄着などせずに体温を逃さない工夫をしましょう。
体温が上がると体力の消耗も早くなります。その際、体内のビタミンCが通常より5倍近く奪われると言われているので、ドリンクやサプリメントなどでビタミンCの補給が大切です。

熱が上がったときの解熱剤の服用はあまりおすすめできません。
熱が上昇するのは、上記で説明した通り体から菌を追い出すために起こる症状なのでこの期間の解熱剤の服用はなるべく控えましょう。
ただし、39.0度以上の高熱が続く場合は、服用したほうが良い場合もあります。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.