内視鏡検査 Endoscope

内視鏡検査とは

内視鏡検査は、消化器疾患の早期診断に用います。口や鼻から内視鏡を入れて、食道・胃・十二指腸を検査する上部消化管内視鏡検査と、肛門から内視鏡を入れる大腸内視鏡検査の2つがあります。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

上部消化管とは、食道・胃・十二指腸のことを指します。内視鏡を口から挿入する経口挿入法と、鼻から挿入する経鼻挿入法の2つがあります。経鼻挿入法は、経口挿入法よりも嘔吐反射が少なく、楽に受けることができますが、画質が劣るというデメリットがあります。

診断、早期発見できる疾患

逆流性胃腸炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染、胃がん、食道がん

検査の流れ

1. 事前検査

全身状態の把握や感染症の有無を調べるために、採血、尿検査、心電図の検査をします。

2. 検査前日

・検査前日の夕食は軽めにし、午後8時までに済ませます。

・午後8時以降の飲食(飲水以外)は禁止です。

・早めに就寝をします。

3. 検査当日(自宅での注意事項)

・飲食(飲水以外)は禁止です。

・原則、内服薬も禁止です。降圧剤などは事前に医師と相談しましょう。

・体をしめつける服装は避けましょう。(ガードル、腹巻きなど)

4. 検査当日(処置室での準備)

① 経口内視鏡

 ・白い液体の薬(ガスコン)を飲みます。

 

・のどに麻酔薬をしばらく溜めた後、ゆっくりと飲み干します。

 ・検査台の上で横になります。

 ・マウスピースをくわえ、口から内視鏡を挿入します。

② 経鼻内視鏡

 ・白い液体の薬(ガスコン)を飲みます。

 ・鼻の通過を良くする点鼻薬を服薬します。

 ・鼻の中を麻酔し、痛みを感じにくくします。

 ・検査台の上で横になります。

 ・鼻から内視鏡を挿入します。

5. 検査後

・休憩室(病院が指定した場所など)で少し休みましょう。

・気分が悪い場合は、すぐに医師に伝えましょう。

大腸内視鏡(大腸カメラ)

大腸内視鏡は、腹部に症状がある人や便の検査で異常がある人を対象に行います。大腸の疾患の早期発見や、正確な診断が可能です。検査中に病変が発見された場合は、検査と同時に治療(手術)をすることができます。

診断、早期発見できる疾患

大腸ポリープ、腸炎、大腸がん

検査の流れ

1. 事前検査

全身状態の把握や感染症の有無を調べるために、採血、尿検査、心電図の検査をします。

2. 検査前日

大腸内視鏡検査を行う時は、大腸の中を空にしなければなりません。医療機関によっては、下剤を服薬する場合があります。

・夕食は午後5時までに済ませます。

・早めに就寝をします。

3. 検査当日(自宅での注意事項)

・飲食(飲水以外)は禁止です。

・原則、内服薬も禁止です。降圧剤などは事前に医師と相談しましょう。

・体をしめつける服装は避けましょう。(ガードル、腹巻きなど)

4. 検査当日(処置室での準備)

・2リットルの下剤を数回に分けて飲みます。

・水のような便(水様便)が出るようになります。

5. 検査後

・休憩室(病院が指定した場所など)で少し休みましょう。

・気分が悪い場合は、すぐに医師に伝えましょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.