脂質異常症 Dyslipidemia

脂質異常症とは

脂質異常症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が基準値よりも多い状態のことを言います。
血液中の脂質の量が一定の基準よりも多くなると、動脈硬化を起こす確率が高くなり心筋梗塞や脳卒中などのリスクが高まります。
少し前までは「高脂血症」と呼ばれていました。

原因

脂質異常症は、3つの種類に分類することができます。血液中に多くなる以下の脂質の種類によって分けられます。

高LDLコレステロール血症

LDL(悪玉)コレステロールが多いタイプ

低HLDコレステロール血症

HDL(善玉)コレステロールが少ないタイプ

高トリグリセライド血症

中性脂肪(トリグリセライド)が多いタイプ

脂質異常症は、食生活・生活習慣の乱れが大きく影響しています。
偏った食生活を送る人や、お酒をよく飲む人、タバコを吸う人などがこの病気になりやすいでしょう。
他にも、遺伝による場合もあり体質的に悪玉コレステロールが血液中に溜まりやすい人もいます。そのような人は、若いときでも動脈硬化になる可能性が極めて高いと言われています。

症状

結論、動脈硬化を起こしやすくなり心筋梗塞や脳梗塞の恐れがあります。
血液中にLDLコレステロールが蓄積されると血管にコブのようなものができ、血液の流れを妨げます。そのコブが次第に剥がれおち、血栓となり血管が詰まることを動脈硬化と言います。心臓や脳の血管が詰まることにより、心筋梗塞や脳梗塞で命を落とす可能性が考えられます。

治療

脂質異常症と診断された際の治療法は主に2つです。

1つ目は、食事療法です。

肥満体型の人は、食生活の見直しから始めます。目標体重を設定し、バランスのとれた食事に改善する方法です。
コレステロールの摂取量は1日300mg以下にし、アルコールも摂取しすぎないように気を付けましょう。

2つ目は、薬物療法です。

生活習慣や食事改善を行い、それでもコレステロール値が下がらない場合に薬での治療を行います。
薬での治療法を始めたからと言って、生活習慣や食生活を気にしなくていいことではなく、2つの治療を同時に進めることでより改善に近づきます。
*薬物療法は、副作用が生ることがあります。おかしいな、と感じたらすぐに医師に相談してください。

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.