下痢 Diarrhea

下痢とは

下痢とは、健康的な便と比較すると非常に緩いゲル状、液体状の便が出る状態のことをいいます。

原因

下痢になる原因はさまざまあります。主に消化機能の異常によるものが多く、健康な便の水分量が60〜70%に対して、下痢は水分量が90%以上です。

食べ物が原因

運動亢進性下痢

下痢の中で一番多いタイプがこの運動亢進性下痢です。主な原因としては消化不良、精神的なストレス、暴飲暴食、身体の冷えなどが挙げられます。運動亢進性下痢は、腸管の運動が異常に活発になることで下痢になります。消化された食べ物に十分に水分が吸収されず腸をそのまま通過し、身体の外に排出されることで起こります。多量のお酒の飲み過ぎや脂肪分の多い食べ物を食べると下痢を起こしやすくなります。

・ 浸透性下痢

浸透性下痢は、腸の中の浸透圧が上昇することで水分・電解質などの吸収が十分にできなくなることが原因で起こります。 身体が腸の中の浸透圧を低くさせようと腸管内から水分を引き出すことで下痢になります。牛乳や乳製品に含まれる乳糖や人工甘味料などを摂取することで、浸透性下痢がお起こりやすくなります。

ウイルスや細菌が原因

・ 分泌性下痢

分泌性下痢は腸の中の分泌物が増えすぎることが原因で起こります。 通常、腸の働きは必要な栄養分と水分を吸収し、不必要なものを排出し、同時に分泌物を出します。身体はウイルスや細菌などの毒素が身体に取り込まれると、いち早く体内から外に毒素を出そうとするため分泌物を過剰に出し、水っぽい下痢が続くのが特徴的です。

一般的な「食あたり」や「水あたり」はこの分泌物下痢です。食中毒やウイルスなどが主な原因ですが、少しでも異常を感じた場合は早めに病院に行き、医師の診断を仰ぐことが大切です。

体調不良が原因

体調がすぐれない場合、食べ物を取り入れても消化機能が低下しているため下痢が起こります。また、過剰なストレスや極端な緊張にみまわれることで自律神経のバランスが乱れ、下痢を起こしやすくなることもあります。


症状

下痢は大きく2つの種類に分類されます。

急性の下痢

急性の下痢は、1日に数回から数十回の便意をもよおしますが、症状が現れてから2週間以内で治るものがほとんどです。さらに、 食中毒などの感染性のあるものと、暴飲暴食などで引き起こされる非感染性の2つに分けられます。

 

慢性下痢

慢性の下痢は1日に数回程度から数十回の便意をもよおし、長いと3週間続くものをいいます。生活習慣や過剰なストレスが原因の機能性の下痢や、病気や薬の副作用によって起こります。

 

治療

下痢の症状自体は身体に大きな問題には至りませんが、下痢の症状が現れた場合は下痢を起こしてしまった疾患の対処が必要です。

・ 食あたりや暴飲暴食

まず生活習慣の見直すことが大切であり、一番の治療法です。暴飲暴食やアルコールの過剰摂取を避け、冷たい物の取りすぎに注意しましょう。

・食べ物アレルギー

食べ物のアレルギーにより下痢を引き起こしてしまう場合は、まず医療機関のアレルギー検査を受け、アレルギー物質を回避することが一番の治療法です。

病院で受ける治療

病院では早期に下痢の原因を突き止め、症状を改善する治療を始めます。そのためには下記内容をしっかり伝えましょう。

・下痢の発症時期

・下痢以外の症状はあるか

・便の状態やトイレに行く回数

・ここ1,2日間で食べた物

・市販薬は飲んでいるか

治療内容

急性の下痢の場合は脱水症状を起こしていることが多く、点滴処置を行います。また、食中毒などの場合は検出された細菌に対しては抗生剤を使用します。細菌の検出までには時間がかかるため、病状から疑わしい菌を推定して抗生剤による治療を開始することもあります。ウイルスによる食中毒は抗生剤が効かないため、嘔吐や頭痛などがあればそれに対応する薬剤を使用します。

- こんな症状がある場合は病院へ-

・ 激しい下痢

・血便がある

・下痢以外に腹痛や嘔吐

・症状が悪化している

・水分を補給しても口が渇く

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.