Cough

咳とは

咳とは、呼吸をせきとめて短くはき出す強い息のことです。のどや気管の粘膜が刺激されると、反射的に起こります。

原因

咳は、空気の通り道である気道に外部からの異物から肺、気管、気管支を守るために行われる防御反応です。外部の異物としてはウィルス、ほこり、煙、食べ物などがあげられます。また、咳には気道にたまった痰を吐き出す役割があり、気道の粘膜は、線毛と表面を覆う粘液が粘膜を守っています。

咳の原因 = 病気または感染

咳は原因によって、症状が続く期間が異なります。また、痰を伴う咳かどうかによって原因が違います。

咳が続く期間が3週間未満の場合は、風邪などの呼吸器系の感染によるものがほとんどです。しかし、咳が3週間以上などの長期間続く場合は、咳喘息、アトピー咳嗽などの感染症以外の病気が原因である可能性があります。咳が続く場合は、ただの咳だからと自己判断で放置するのではなく、適切な検査・診断・治療を受けることが大切です。

疑われる病気一例

- 3週間未満の咳 -

・ 風邪

・インフルエンザ

・急性気管支炎

・気管支喘息

・気道異物

・呼吸困難

- 3週間以上の咳 -

・ 咳喘息

・アトピー咳嗽

・慢性閉塞性肺疾患(COPD)

・心因性咳嗽

・胃食道逆流症

・肺がん

 

症状

咳は大きく3つの種類に分類することができます。

・急性咳嗽(きゅうせいがいそう)

咳が続いている期間が3週間未満の咳

・遷延性咳嗽(せんえんせいがいそう)

咳が続いている期間が3~8週間未満の咳

・慢性咳嗽(まんせいがいそう)

咳が続いている期間が8週間以上の咳

 

痰を伴う咳の分類

・乾性咳嗽

痰が出ない、もしくは少量で粘り気がない痰しか出ない咳

・湿性咳嗽

咳をする際に強い粘り気のある痰を伴う咳

 

- こんな咳には注意が必要です -

・ 呼吸が多く苦しい

・肩で息をするように呼吸をする

・うめくような呼吸

・激しく咳こんでしまう

・水分がとれない

 

治療

咳は外部からの異物の侵入を防ぎ、身体を守るために必要な反応です。咳の症状が生じる前にセルフケアを行い、症状を改善していくことが大切です。

薬物療法

咳がどうしても辛い場合は市販薬か病院に処方した薬を飲みます。一言に咳止めといっても、咳止めにはさまざまなの種類があります。その咳の症状に合わせたお薬を選ぶことが大切です。

咳をするときに痰を伴う

痰を伴う咳の場合は去痰成分や気道を拡げる成分が入ったものを選びましょう。一般的な風邪は、痰が絡んだ咳がでることが多いです。

咳をするときに痰はでない

痰がでない咳の場合は、咳中枢に直接作用する鎮咳薬が効果的です。痰がでない咳は気管支や気道の炎症によって咳がでます。

日常生活でできる予防法

・風邪ウィルスを寄せ付けない

普段から適度な運動を行い、体力作りを心がけることで抵抗力がつきます。また、空気が乾燥している時期はマスクを使用し、外出をした場合うがいと手洗いを心がけましょう。

・室温と湿度の調整

空気が乾燥している状態はウィルス感染が多発します。まず、ウイルスが増殖できない環境を作るために、室温を20~25℃に調整し、湿度は加湿器などを使用し60~80%に調整すると良いでしょう。になるように調整しましょう。

・喫煙を控える

タバコは呼吸器の疾患を引き起こすこともあり、咳や痰の原因にも繋がります。タバコを吸わない人も周りに喫煙者がいる場合は注意が症状を発

タバコはせきやたんの大きな原因であり、呼吸器の疾患を引き起こすこともあります。喫煙を控えるのはもちろん、周囲からのタバコの煙にも注意しましょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.