便秘 Constipation

便秘とは

便秘とは、一般的に大腸内の排泄物の回数が少なかったり、通過が遅くなったり、腸内に便が長時間とどまるなど、排便が順調に行われない状態のことをいいます。排便のない状態が3日程度続いたら、便秘と判断されます。

原因

便秘の原因と種類は様々です。便秘のほとんどが、食物繊維の不足や運動不足、ストレスによる自律神経の乱れなどから起こります。また、大腸がんや腸閉塞など他の病気が原因で便秘になる場合もあります。

食物繊維の不足

便秘の原因として非常に多いのが食物繊維の不足です。食物繊維は消化・吸収・排便にあたって非常に重要な役割をもっています。食物繊維不足から引き起こされる便秘は、弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)です。

運動不足

運動不足は便秘を引き起こすだけでなく、美容や健康にも悪い影響を与えます。運動は排便に必要な筋力を鍛えることができ、自律神経を整える効果があります。運動不足を原因として引き起こされる便秘は、弛緩性便秘と痙攣性便秘です。

ストレス

人はストレスを感じると交感神経を優位にし、副交感神経の働きを低下させてしまいます。ストレスを長期間継続して受け続けると、大腸の蠕動運動が鈍ってしまったり、逆に必要以上に収縮し痙攣を起こしたりして、腸に問題が生じます。ストレスを原因として引き起こされる便秘は、痙攣性便秘です。

水分不足

水分は排便にとって非常に大切な要素です。水分がたりないと排便がより難しくなります。水分不足を原因として引き起こされる便秘は弛緩性便秘です。

腸内環境の悪化

腸内環境が悪化するとバランスが崩れてしまい、悪玉菌が増えます。そうすると腸の働きは鈍くなり、便秘を生じます。腸内環境の悪化を原因として引き起こされる便秘は、弛緩性便秘です。

病気や薬による副作用

便秘の原因の多くは日常生活の習慣などによるものですが、中には病気や薬の副作用により便秘が生じることがあります。

- 便秘をもたらす病気の代表例 -

・ 大腸ガン

・ 腹膜炎(イレウス)

・ 腸捻転(ちょうねんてん)

・ 潰瘍性大腸炎

・ 子宮筋腫

・ 甲状腺機能低下症

・ 糖尿病

 

症状

便秘は、機能性便秘と器質性便秘の2種類に大きく分けられます。

(1) 機能性便秘

機能性便秘とは、病気などに由来されるものではなく、日々の食生活や生活習慣などが原因となって起こる大腸の機能低下による便秘です。

・ 弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

・ 痙攣性便秘

・ 直腸性便秘

- 機能性便秘を引き起こす主な原因 -

・ 過度なダイエット

・ 水分不足

・ ストレス

(2) 器質性便秘

器質性便秘とは、胃や小腸、大腸、肛門などに疾患があることにより便秘を生じる状態をいいます。機能性便秘は生活習慣の改善を行うことで解消する可能性がありますが、器質性便秘は病院で治療を行う以外に解決方法がありません。器質性便秘に該当するような症状が出た場合には、大きな病気になる前に、すぐに病院に行き専門の医師に診てもらいましょう。

- 器質性便秘の症状 -

・ 吐き気や嘔吐

・ 激しい腹痛

・ 発熱

・便に血や粘液が混じる

 

治療

便秘の治療法は3種類に分けられます。

薬物療法

便秘の治療は便秘の原因や病態、症状などによって異なります。専門の医師が診察をしたうえで薬を処方します。一般的に下記の薬を処方することが多いです。

・下剤

・抗コリン薬

・漢方薬

食事療法

1日3食のバランス良い食生活や水分を意識的にしっかり摂取する指導を行います。野菜や果物の食物繊維やヨーグルトなどの乳酸菌も摂取すると効果的です。

生活指導

食事、排便、睡眠、運動など、規則正しい生活習慣を身につけるための指導を行います。また、ストレスを溜め込まないようその方にあったリラックス法を見つけたり、適度な運動を行います。適度な運動は自律神経のバランスを整えるだけでなく、腸管の働きを調節してくれます。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.