喘息 Asthma

喘息とは

喘息とは、気道に炎症が生じている状態が常に続くことです。炎症が生じると、気道が狭く空気が通りにくくなり、呼吸が苦しくなる場合があります。

原因

国内で喘息にかかる人は子供で5~7%、大人で3~5%と言われています。
子供の場合の原因は、ほとんどがアレルギーだと言われ、男児に多い傾向があります。
大人の場合は、原因を特定することが難しいのが現状です。

喘息の原因は、大きく2つに分けることができます。

1つ目は、アトピー型喘息です。

これは、ホコリやダニなどのアレルゲンが原因となる場合です。
他にも動物アレルギーや、食べ物で発症することもあります。

2つ目は、非アレルギー型喘息です。

これは、タバコの煙や排気ガス、運動や風邪などが原因で症状が見られます。

最近ではほとんどのケースがアレルギーとは関係なく、非アレルギー型喘息だと言われています。

症状

息をするのが苦しくなり胸のあたりから「ヒューヒュー」「ゼーゼー」と聞こえます。このことを「喘鳴(ぜいめい)」と言い、少し走ったときや、朝方・夜間に症状が多く見られます。

治療

喘息の原因は、気道が炎症を起こしていることと気道が何らかのアレルギーにより敏感に反応することで起こっています。その原因により治療法が異なります。
治療には大まかに2つの方法があります。

1. セルフケア

まず、自分は何が原因で発症しているのかを把握することが大切です。原因が分かればその状況を避けることができ、改善に繋がります。
アレルギーが原因である場合は、ハウスダストやホコリをできるだけ排除しましょう。こまめな掃除により、症状を軽減することが可能です。

2. 病院での治療

病院では、気道を広げて呼吸を楽にする基本の治療法として吸入療法が用いられます。
ステロイド薬を吸入することで、気道の炎症を抑えることができ、呼吸が楽になります。

喘息を改善するには、治療を毎日続けて行うことがとても重要です。
症状を軽減させるために、薬を継続して飲むこととアレルゲンを避けることで改善が期待できるでしょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.